黒酢でつくる毎日の健康|手軽に摂取できる栄養満点サプリ

ファミリー

健康な体で生き続ける為に

サプリ

必要な量をきちんと取る

年齢を重ねると体のあちこちに痛みや疲れが出てきます。特に体の部分で一番気を付けたいのが足です。足は第二の心臓とも呼ばれているくらい重要な器官です。足で歩くということは全身運動の一つであり、全身運動は脳にも体にも必要不可欠なものだからです。年をとってから歩くのが億劫になってしまう原因の一つに「膝の痛み」があります。これはグルコサミンなどが加齢に伴い減少してしまったのが原因です。グルコサミンは人間に必要なアミノ糖の一つで、もともと人間の体内にある成分です。しかし、年齢を重ねる毎に体内で作られにくくなってしまいます。グルコサミンは食事でも摂取することができますが、一日の摂取量が1500mg以下だと、たとえグルコサミンを摂取しても体への効き目が遅くなってしまいます。また、グルコサミンが多く含まれている食べ物は、フカヒレなど毎日食べることが難しいものが多いです。しかし、最近では健康サプリメントの一つとして一日の摂取量を手軽に体内に取り入れることが出来るようになりました。

副作用のない鎮痛薬

体内からグルコサミンが減ると関節痛や関節症の原因になります。グルコサミンは人間の体には必要不可欠な成分ですが、体内で減少し始めていても実際に体に症状が出るまでは気づきにくいものです。最近の研究結果で、グルコサミンに消炎鎮痛剤の作用があることがわかりました。消炎鎮痛剤とは、市販の頭痛薬などにも使われている痛みや炎症を鎮めてくれる成分です。グルコサミンにはこの鎮痛剤の役割を果たしてくれるだけではなく、傷つけられた軟骨成分の修復をしてくれる効果があることがわかりました。歩くことが困難だった人がグルコサミンを毎日取り入れることによって再び歩くことが出来るようになったという結果も報告されています。たとえ医学的な治療が嫌いな人でも、もともと体内にある成分と同じものだと分かれば安心して摂取することができます。